Ruisong科学技術

ホーム
メディアの注目
現在位置:ホーム > ニュース > メディアの注目 >
メディアの注目

孫志強:瑞松のインテリジェント製造が行われている

2015/05/01
ソース:《中国工業コメント》2015.4刊
著者:黄俐
2015.05.01    451 人
REVIEW:抑揚のある音楽には、広州瑞松科技有限公司の代表取締役社長孫志強は優雅で、穏やかな言葉遣いで、20年間のロボット事業経験を語った。彼の言葉には、手に汗を握る場面がない。しかし、彼は自動車修理工から、ハイテク企業を導き、ロボット技術とインテリジェント機器の研究開発、製造、応用と販売に取り扱い、全体的な技術ソリューションを提供することまで、大変だった。

      ロボット業界で20年間探索した瑞松科技は、1997年にオートバイ業界に初のロボット溶接自動生産ラインを提供した以来、今まで製造業界に様々なシリーズのロボット4000台余りを提供し、約1000セットの溶接、レーザー、運搬、塗装などロボット自動生産ラインを引き受けた。

      鉄観音茶をぜひ注文する。孫志強はこんな方式で、ふるさとの福建への感情を表す。

      抑揚のある音楽には、広州瑞松科技有限公司の代表取締役社長孫志強は優雅で、穏やかな言葉遣いで、20年間のロボット事業経験を語った。彼の言葉には、手に汗を握る場面がない。しかし、彼は自動車修理工から、ハイテク企業を導き、ロボット技術とインテリジェント機器の研究開発、製造、応用と販売に取り扱い、全体的な技術ソリューションを提供することまで、大変だった。

      1995年、珠江デルタの経済発展は活気に溢れ、製造業が素晴らしい勢いで繰り広げられた。出稼ぎ労働者が多かった。一定の基礎を持つ孫志強は、有り金をはたいて、インテリジェント溶接ロボット代理店になることを決めた。その年代には、この決定を理解する人はほとんどいなかった。最も貧困で、資金を調達できない時、一番仲が良かった友達は、孫志強にお金を貸す自信がなかった。中国の膨大な人口が配当金をもたらし、人件費が低い。ロボットを製造する必要がないだろう。

      今は時も状況も変わった。中国南方地区では、連続数年で「労働者募集が難しい」現象が発生した。人口のもたらす配当金が段階的に終わった。インテリジェント製造は勢い良く登場した。ロボット産業の春はやっと訪れた。中銀国際研究報告によると、2014年、国内産業ロボット市場は引き続き迅速に拡張した。成長率が30%を超える見通しだ。中国市場のロボット販売数が3.66万台で、日本を超え、グローバル最大市場となり、59%の同期比成長率で、最も迅速に発展した市場となった。

      ロボット業界で20年間探索した瑞松科技は、1997年にオートバイ業界に初のロボット溶接自動生産ラインを提供した以来、今まで製造業界に様々なシリーズのロボット4000台余りを提供し、約1000セットの溶接、レーザー、運搬、塗装などロボット自動生産ラインを引き受けた。また、持株会社「北斗(広州)自動車設備有限公司」、「武漢瑞北自動車設備有限公司」及び「広州日松工業自動化有限公司」を所有している。

      一方、中国を含む多くの国々は相次いで製造業インテリジェント発展を推進していた。「工業4.0」、「インターネット+」はグローバル話題となっている。

      「国がインテリジェント製造業の発展を推進することは、良いトレンドである。」孫志強の穏やかな言葉遣いは自信を持つ:「次に、この事業を更に拡大したい。」

図:瑞松科技の外観

 

       生計を立てる時から、夢を追う時まで

      1980年、秋の取り入れの後、孫志強は数十キロ徒歩し、県城に行って生計を立てた。十代の彼は、少しもためらわず、新しい人生に向かった。

      ホテル雑用係、自動車技術学校の見習い、自動車修理工、自動車部品販売、機電設備販売、溶接機とロボット製品の販売、これらの経歴は、夢を追う時の思い出、及びいろんな蓄積と事業発展機会を残した。

      孫志強は曾て自動車修理工場で働いた。ある週末の朝、修理工場で「急務」があり、昼前に車を修理することが要求された。週末の修理工は全て家に帰った。ただ孫志強は修理工場に住んだ。顧客の焦った様子を見たら、孫志強は「私がやってみよう」と言った。日常の「気をつけない」観察、及び本を読む時に身に付けた技能のおかげで、数時間後、彼は順調に車を修理した。数日後、顧客が修理工場に来てお金を払った。同僚たちは驚いた:実際操作経験を持たない孫志強がなんと一人で車を修理した。今回の修理で、その前に修理技術を教えたくない師匠さんは正式に孫志強を弟子として、技術学校で学ぶように手配した。

       その後、勤勉で、苦しみや辛さを堪え忍ぶ、頭が良い孫志強は、修理技術を身に付けただけでなく、当時の車隊からの情報と人脈を利用し、部品修理貿易の商売をした。彼は、他の業者のばらばらになった部品ニーズを統合し、顧客に役立ち、顧客の愛顧を受けた。

       1980年代半ば、重大な交通事故で生きた孫志強は、修理工場を離れて、上海に行って、国際ブランドの自動車会社(トヨタ通商)で自動車部品の販売と代理店管理を約3年間従事した。その後、家庭原因で、ふるさとの福建に戻って、引き続き自動車修理に従事した。

       しかし、ある意外は、再び孫志強の運命を変えた。1990年代初め、自動車を修理した時、孫志強は不注意で目が負傷した。地元の医療条件が低いので、彼は転々と広州中山眼科医院に行った。

      「病院のベランダに立ち、勢い良く発展している広州を見ると、広州に残りたい」孫志強は瞬間に考えた。

      その時、手術のために、彼はほぼ5万元の債務があった。当時、これは大金だった。「広州に残りたい」考えを知った後、ある同期生は孫志強を支援し、食事と宿泊を提供しただけでなく、孫志強に協力し、機電設備販売の仕事を見つけた。従って、孫志強は広州に残った。


図:1997年五羊-ホンダオートバイのプロジェクト事例

       日進月歩の広州は、より多くのチャンスをもたらした。サービスを重視し、親和力を持つ孫志強は、絶えず顧客を開拓し、1~2年間で債務を完済し、数年間でより多くの経験、人脈と資本を蓄積した。

      自動車従業経験を持つので、孫志強は、設備製造業の動向を関心していた。1994年、孫志強の同郷は北京でエッセンの溶接&カッティング展示会に参加した。それで、孫志強は「日本松下電器が中国で投資して工場を設立して溶接機とロボットを生産し、展示会で中国代理店を募集すること」を了解した。その時、中国ほとんどの人にとって、代理店はあいまいなコンセプトだった。ただし、孫志強はチャンスを捉えた。

     「当時、松下は唐山で工場を設立した。私は自らそちらに電話をかけた。電話に出たスタッフは意外だった。答えは:工場がまだ建設中だった;製品がまだ生産されていなかった;製品が自ら販売される。私は、社長に連絡したいと言った。そのスタッフは、あなたがとても頑固だと言った。最後に、私は社長に連絡した。」孫志強はそう思い出した。その社長は、中国代理店募集の情報を確認し、「代理店募集がまだ開始していない」と述べた。孫志強は連絡先を残した。

      その通話で、孫志強は溶接機とロボットに親しだ。孫志強が曾て国際自動車会社で自動車部品販売と代理店管理に従事し、長年の経験を蓄積したので、ちょうど松下溶接機とロボット製品代理店の仕事に一致した。より重要なのは、松下は代理店に対し、多くの詳細な要求を出した。店頭イメージの統一性、サービス精神、製品や企業文化への理解などを含む。松下からの詳しい考察を受けた後、注意深く、辛抱強くてサービスを重視する孫志強は、中国における松下溶接機とロボット製品の初の代理店となり、1995年に正式に会社を設立し、ロボットの夢を追いはじめた。

     「当時、松下は広東の溶接機販売会社5社を視察した。最後に、私を選択した。」孫志強は、ロボット産業分野の第一歩を踏み出した。

     「負傷、治療し、広州に残ることは、私の運命を変えた。」孫志強は述べた:「夢が前方にあり、道が足元にある。運命が全ての人にとって公平だ。夢を持ち、チャンスを把握し、絶えず努力すれば、夢を叶える。」


図:1999年、広汽ホンダに初のロボット溶接システムを導入した  

     「貿易-工場-技術」3ステップ

      会社を設立した後、孫志強が直面している最初の課題は、どのように製品を販売するかである。当時、中国市場は高効率溶接、先進溶接技術及び溶接自動生産ラインに不案内だった。市場で使われるのは主に伝統的な方式だった。コストにおいて、当時のロボット値段は非常に高く、一台が約40万元だった。労働者の平均月給が1000元未満だった。ロボットは多数の企業にとって、コストが高すぎる。また、ロボット生産ラインの関連施設は完備ではなかった。企業は、ロボットを使用する場合、技術改造を行い、大きなコストを投入する必要がある。そのため、こんな自動生産ラインを販売するのは難しかった。

      孫志強は、会社が最初のオートバイインテリジェント溶接生産ラインを販売する時の難しさをはっきり覚えている:「五羊ホンダオートバイ工場は合弁企業である。日本側は自動生産ラインの使用を望んだ。しかし、中国側は、コストが高すぎ、自動生産ラインを使用する価値がないと思った。我々は何度も取引先と交流・相談した。500日余りを経て、最後に合意に達した。」

      生産ラインが日本から輸入されるので、膨大な資金を投入する必要がある。孫志強は資金を調達した。当時、ロボット自動化は中国でスタートしたばかりで、質疑が多かった。友人も孫志強を楽観視しなかった。「あなたがロボットを熟知していない。なぜロボットを販売するか。中国の人口が多く、人件費が低い。しかし、ロボットの値段が高い。誰がロボットを買うのか。誰が買えるか。技術を開発できるか。関連施設を完成できるか。」最後に、友人はお金を彼に貸さなかった。しかし、孫志強は諦めず、努力して、その他の方式で資金難題を解決し、やっとその商売をやった。その生産ラインは、当時、広州ひいては全国の一番先進的なオートバイ溶接生産ラインとなった。孫志強は突破口を見つけ、自信を固めた。


図:広汽乗用車20万生産能力拡大溶接プロジェクトフロアアセンブリ自動生産ライン

    

     「まず、ピラミッドトップの顧客を見つける。例えば、外資系企業、優良企業など。1社、2社……1995年から溶接機・ロボット分野に進出した。今まで、当方はユーザーに4000台余りのロボットを提供した。それらのロボットは全てうまく運行している。」孫志強は誇りに思った。民間企業にとって、この実績はなまやさしいことではなく、業界にも珍しい。

     「瑞松科技は典型的な「貿易-工場-技術」3ステップの発展過程を経た。」孫志強は述べた:「1995年からの創業初期は主に代理販売と技術サービスアウトソーシングを行った。2007年、業務範囲と深さを拡大するために、日本北斗株式会社と協力して3500万元を投資し、北斗(自動車)設備有限公司を設立し、製造業に進出し、自動車車体溶接組立自動化ライン、自動化溶接システム及び溶接治具の開発設計と製造に取り扱いはじめた。2011年から、自主技術研究開発段階に入った。」

       2012年8月8日、より良く業務を発展するために、孫志強と会社経営陣は共同で3000万元を出資し、広州瑞松科技有限公司を設立し、主にロボットシステム統合、レーザー応用、溶接自動化製品の開発設計に取り扱った。過去の努力は、しっかりとした基礎を作った。次に、孫志強は、更に会社資源を統合し、自動車設備事業部、ロボット溶接事業部、ロボット自動化事業部及び研究開発技術センターを構築し、同時に発展させる必要がある。

       瑞松科技の事業での一つは、3C産業の精密組立ロボット生産ラインシステム及びロボット本体である。「このプロジェクトが強い。将来、通信電子、航空電子、自動車電子、生活電子など労働集約型産業に用いられる。過去、作業者が生産ラインで組み立てる。今後、ロボット、インテリジェント技術を利用して組み立てる。ロボット本体だけでなく、ソフトウェア、ネット技術、画像ビジョン、3Dビジョン、センサー技術などを利用し、インテリジェント生産ラインを形成し、工業4.0時代の歩みを把握する。」孫志強は将来の目標を明確にした。

       瑞松科技は自身の努力に基づき、国際連携を導入し、国際同業(日本、欧州のロボット会社)との交流、連携関係を維持していた。長年の技術蓄積、吸収と革新を通じて、瑞松科技は自主研究開発能力を形成した。ロボットフレキシブル生産ラインシステム技術、専用精密スカラロボット、2D・3Dビジョン識別とセンサー技術、一体型フレキシブルインテリジェント制御システムなどを含む。これらの技術は国内の先進レベルであり、幅広く自動車、オートバイ、エレベーター、造船、海洋工学、高速鉄道、機械及びIT通信など分野の国内外ユーザーにソリューションを提供している。

図:日立エレベーター溶接、運搬、塗装ロボット自動化システム

       事業拡大

      孫志強がロボット産業の沿革を語る時、「人材」は頻度が高い言葉である。孫志強は次のように述べた:瑞松科技は極めて人材を重視する。国際のハイエンド人材を取り入れるだけでなく、継続的に人材を育成する。企業の中堅社員と管理チームはほとんど社長によって育成された。技術人材は大学から育成された。これらの社員は卒業後から企業で勤務し、ゼロからスタートし、3年間、5年間後、企業とともに成長する。企業の収益も社員に与えられる。社員は、経営者の積極的な奮闘精神を感じ、企業とともに努力する。

      全体的な技術ソリューションプロバイダとして、孫志強は次のように思った:顧客満足度と社員満足度は最も重要だ。顧客が満足しない場合、社員も満足しない。「当方が主張する文化は、着実に努力し、顧客満足度を向上させること。顧客が満足した場合、企業は発展し、社員が企業収益を共有し、社員の作業環境と生活が改善される。社員が満足した場合、更に注意深く顧客にサービスを提供する。」

図:ロボット生産ライン3D動的シミュレーション

      インテリジェント製造ブームに対し、孫志強は楽観的に対処し、自らの理性的な認識を持った。彼は次のように思った:中国のインテリジェント製造の方向は正確かつ明確だ。ロボット産業が多次元産業結合点(主要部品、ロボット本体、システム統合など産業チェーン全体を含む)を持つので、適切なエントリポイントを見つける必要がある。中国ロボット産業チェーンの最前線の技術基盤がまだ弱く、関連経験がなく、多くのチャレンジに直面している。

     「ロボット産業の発展のキーポイントは、システム統合業者を育成し、顧客に高品質の技術ソリューションを提供すること。これは、ロボット本体を応用に移行するための橋である。」孫志強は述べた。

     「全体技術ソリューションプロバイダはボーイング航空機会社のようで、航空機全体技術ソリューションを提供するメーカーである。しかし、ボーイング社はコア部品のエンジンを製造しない。実に、ロボット生産ラインには、ロボット本体は主要部品として、生産ライン全体の約25%のコストを占める。完全な生産ラインを完成するため、前期のプロセス企画、システム統合、応用トレーニング、全体ソリューションの提供は必要となる。」孫志強は20年間の業界経験により、全体技術ソリューションプロバイダの定義を説明した。

図:広汽三菱車体溶接組立フレキシブルロボット生産ライン

      現在、ハイエンドインテリジェント設備分野では、瑞松科技は、国際有名ブランドの市場独占を打ち破り、華南地区で総合実力を持つロボット技術及びインテリジェント機器研究開発製造の民間企業となり、成功に広汽乗用車、広汽ホンダ、広汽トヨタ、広汽三菱、広汽フィアットなど国際大手会社のフレキシブルロボット溶接生産ラインプロジェクトを完成し、日立エレベーターの溶接、運搬、塗装ロボット自動化システムなどプロジェクトを完成し、顧客の人件費を削減し、生産性を向上させ、製品品質を安定させ、製造業のアップグレードを促進した。

     「現在、ドイツをはじめとする欧州インテリジェント産業は世界をリードしている。中国インテリジェント製造業発展のベストタイミングはやってきた。瑞松科技はこのチャンスを把握し、より多くの先進人材、先進技術を取り入れ、更に発展する。」孫志強は述べた。将来、瑞松科技は、企業を武漢、天津、上海に開拓し、海外で研究開発センターを設立する予定である。

      これらの考え方を実現するために、より多くの資金が必要になる。低調に発展していた瑞松科技は、資本市場を通してより多くの資金サポートを得ることを決めた。「当方は資本市場を通して資金を取得して生活を享受するつもりではなく、資本市場を通して、瑞松科技をより高く、強く発展させ、引き続き着実にロボット事業を展開することを願っている。」孫志強は述べた:「当方の目標は、優秀なロボット及びインテリジェント設備産業の全体技術ソリューションメーカーとなり、事業を拡大していくこと。」

Share:
関連文書
業界ニュース
もっと+

メディアの注目
もっと+

ビデオセンター
もっと+

特集
もっと+

電話をクリアアクセス

ホットライン:020-66806288

E-mail:sales@risongtc.com

住所:広州開発区第67号イーストグランドアベニューDongpeng道

ビューカーライン