Ruisong科学技術

ホーム
Ruisong情報
現在位置:ホーム > ニュース > Risongニュース > Ruisong情報 >
Ruisong情報

瑞松科技総裁孫志強と沈陽新松総裁曲道奎が招待に応じて韓国ソウル「中韓ロボット産業座談会」に参加した

2015/10/09
著者:瑞松科技
2015.10.09    343 人
REVIEW:2015年10月29日、瑞松科技社長兼総裁孫志強と沈陽新松ロボット総裁曲道奎はそれぞれ中国ロボット産業連盟(CRIA)副会長、会長として、招待に応じて、韓国ソウルを訪れ、韓国ロボット産業振興院(KIRIA)と韓国ロボット業協会(KAR)の共催した「中韓ロボット産業座談会」に参加した。

      2015年10月29日、瑞松科技社長兼総裁孫志強と沈陽新松ロボット総裁曲道奎はそれぞれ中国ロボット産業連盟(CRIA)副会長、会長として、招待に応じて、韓国ソウルを訪れ、韓国ロボット産業振興院(KIRIA)と韓国ロボット業協会(KAR)の共催した「中韓ロボット産業座談会」に参加した。今回の座談会に出席したのは、韓国ロボット業協会(KAR)会長金哲教、副会長金正浩など、中韓両国ロボット産業分野の関連人士を含む。

図:瑞松科技総裁孫志強(左から一人目)、沈陽新松総裁曲道奎(左から二人目)、韓国ロボット業協会(KAR)会長金哲教、副会長金正浩

      中韓自由貿易協定(FTA)が間もなく発効する背景では、今回の座談会は特別な意義を持ち、中韓両国のロボット産業の連携と発展を促進し、双方の製造業アップグレードを促進し、両国の経済成長を実現する。

      座談会では、講座担当者ゲストと韓国マスコミは問答し、中韓ロボット産業の発展現状と見通し、及び中韓ロボット産業界の技術交流、市場連携、共同開発など一連の産業連携問題について、意見と提案を出した。座談会は、中韓両国ロボット産業のために、良い協力プラットフォームを構築した。

図:孫志強と曲道奎が現場で韓国マスコミと問答した

      現在、グローバル産業ロボット販売台数トップ5の国は、中国、韓国、日本、米国、ドイツである。アジアは世界販売台数合計の約2/3を占める。国際ロボット連盟(IFR)の統計データによると、グローバル産業ロボット2003-2013年の販売台数は年間平均14%増加した。2013年グローバルロボット販売台数が17.9万台となった後、2014年の販売台数が22.5万台に達し、同期比27%増加した。

      韓国ロボット産業は遅くスタートしたが、発展速度の速さがアジアロボット産業発展史の奇跡となった。韓国政府の支援・サポートで、10年間に国の産業ロボットシステムを形成した。2003年、サービスロボットを国家発展の重点産業とした。近年、ロボット強国となった。

図:中国機械工業連合会副主任、中国ロボット産業連盟副秘書長陳家良(左から一人目)、沈陽新松総裁曲道奎(左から二人目)、瑞松科技総裁孫志強(右から一人目)が記念写真を撮った

      新たなテクノロジー革命と産業変革トレンドの推進で、先進国は、ロボットを重点分野とする産業レイアウトを全面的に展開した。産業ロボットは、先進製造業の必要不可欠な重要設備と手段として、国の製造業レベルと技術レベルを評価するための新しいマークとなった。

      欧州の「工業4.0」、米国の「米国製造業復興フレームワーク」、中国の「中国製造2025」、日本の「ロボット新戦略」、韓国の「将来成長動力実施計画」と「産業エンジンプロジェクト発展計画」は相次いで制定された。下記の共通点がある:最近、世界範囲内に各国はロボットを利用して製造業を復興している。これもグローバルロボット産業の話題である。

シェア:
関連文書
Ruisong情報
もっと+

Ruisongショー
もっと+

電話をクリアアクセス

ホットライン:020-66806288

E-mail:sales@risongtc.com

住所:広州開発区第67号イーストグランドアベニューDongpeng道

ビューカーライン