Ruisong科学技術

ホーム
トレーニングと教育
現在位置:ホーム > サービスとサポート > トレーニングと教育 >
トレーニングと教育

溶接エンジニア(IWE-A)

      国際溶接学会(IIW)は1998年に世界範囲内に国際の統一的な溶接作業者トレーニングと資格認証システムを確立した。今まで、国際溶接エンジニア(IWE)、国際溶接技術員(IWT)、国際溶接技師(IWS)、国際溶接技士(IWP)、国際溶接品質検査員(IWIP) と国際溶接工(IW)など6種類の溶接作業者のグローバルトレーニング、試験と資格認証の統一化を実現した。上記人員には、IWEはISO14731基準(欧州基準EN719に相当)に規定された最高レベルの溶接技術員と品質監督員であり、溶接関連企業が国際製品品質認証を取得するための要素の一つであり、構造設計、生産管理、品質保証、研究開発など分野の溶接技術作業を担当でき、企業に極めて重要な役割を果たす。 

      IWEトレーニングコースは、溶接技術と設備、材料と材料の溶接行為、溶接構造と設計、溶接生産と応用など四つの部分に分けられる。また、上記コースは基本理論を紹介しただけでなく、溶接技術や生産に関する国際(ISO)、欧州(EN)、米国(ASME)、ドイツ(DIN)と中国(GB)の基準や規程を系統的に紹介した。このトレーニングは実際の生産と密接に結合し、実用性を強調する。国際的な先進溶接技術と国内の有名な専門家の研究成果、生産実践経験は集められた。

     広東と華南地区の顧客のニーズを満たし、共同で広東と華南地区の溶接技術応用水準の向上を促進するために、広州瑞松科技有限公司とWTI北京は広州で共同で「国際溶接エンジニア向けオプショナルルートトレーニング(IWE-A)コース」を開設した。

 




国際溶接エンジニア向けオプショナルルートトレーニングコース(IWE-A)


主催側:北京埃斯欧応用技術発展有限公司(WTI 北京)

協力:広州瑞松科技有限公司

      中国溶接トレーニング・資格認証委員会(CANB)は国際溶接学会(IIW)の正式な授権を取得し、中国で国際統一的な溶接作業者トレーニング・資格認証を展開した。


図:授権項目は 、IIW が世界的に展開した全ての項目である:国際溶接エンジニア(IWE)、国際溶接技術員(IWT)、国際溶接技師(IWS)、国際溶接技士(IWP)、国際溶接品質検査人員(IWIP)と国際溶接工(IW)

 

     国際溶接エンジニアは、ISO14731基準に規定された最高レベルの溶接技術員と品質監督員であり、溶接関連企業が国際製品品質認証を取得するための要素の一つである。製品の構造設計、生産製造、品質保証、研究開発など分野の溶接技術と関連管理に従事し、企業に極めて重要な役割を果たす。

     国際溶接作業者トレーニングコースの時間が長いので、学員は、「自身の教育程度に適応し、授業周期を短縮する」トレーニング方式を要求している。IIWとCANBの関連規程規定に従い、WTI 北京は国際溶接エンジニア向けオプショナルルート(IWE-A)トレーニングコースを開設した。広州地区のトレーニングコストを削減するために、WTI 北京は広州瑞松科技有限公司と協力し、広州市でIWE-Aトレーニングコースを開設した。詳細な実施方法は次の通り:

一、入学条件

     1、工学類本科卒業。

     2、最近6年間に少なくとも4年間が溶接関連エンジニア仕事を担当した。

     *CANBは、提出された申請書(上記内容を含む)により、入学資格審査を行う。

二、トレーニング内容

     1、溶接技術と設備

     2、材料と材料の溶接行為

     3、溶接構造と設計

     4、生産と応用

     トレーニング前に、書面と口頭で技術考査を行い、各学員のトレーニング内容を確定する。通常、トレーニング期間は3週間とする。特殊状況の場合(例えば、ある科目の技術考査で合格していない)、トレーニング時間を延長すること。(詳細はhttp://www.wtiharbin.comを参照し 、またはWTIBeijingにお問い合わせる)

三、試験と証書

     全部トレーニング終了後、IWE試験要求により試験を行い、試験合格者に国際溶接エンジニア資格証書を授与する。

図:国際溶接エンジニア資格証書(図示)

四、トレーニング時間場所

     1、時間:2015年10月16日開始(合計28日間)

     2、場所:広州市

     ※ 応募締切日:9月25日 ※

五、費用:

     非溶接専攻:7800元、溶接専攻:6800元;

     下記費用を含む:

     1、応募、資格審査、国際登録費;

     2、前期指導、技術考査費;

     3、教材、トレーニング費用;

     4、最終試験費。

     注:トレーニング期間の食事代と宿泊料は自己負担とする。

六、具体的な授業方式

     まず、申請書(応募場所で請求し、またはウェブサイトhttp://www.wtiharbin.comでダウンロードする)と身分証、職名証、学歴証書コピーを2通(1通が電子版で、1通が紙質)作成する。電子版をbj@iiw-canb.orgに送信する。審査で通過した後、紙質材料を北京に郵送する。トレーニングに出頭する時、証書原本を提供する。CANBは資格審査を行う。当方は、トレーニングに参加することを合格者に通知する。学員は入学通知要求により、トレーニング費用を支払う。

七、連絡先

     1)広州瑞松科技有限公司-インテリジェント技術研究院 

     住所:広州市開発区東区東鵬大道宏景路67号

     郵便番号:510760

     連絡窓口:何艶兵

     携帯電話:131-6838-4378

     電話番号:188-9869-1035

     FAX:020-6680-6088 

     2)北京埃斯欧応用技術発展有限公司

     住所:北京市南四環西路188号本部基地七区二号ビル

     郵便番号:100070

     電話番号:010-52238085

 

     FAX:010-52238085-8410

トレーニングと教育
もっと+

技術諮問
もっと+

サービス
もっと+

電話をクリアアクセス

ホットライン:020-66806288

E-mail:sales@risongtc.com

住所:広州開発区第67号イーストグランドアベニューDongpeng道

ビューカーライン