Ruisong科学技術

ホーム
2016
現在位置:ホーム > Ruisongへ > 開発プロセス > 2016 >
1995
中国、エージェントと認定サービスの協力企業での最初のブランドを溶接Ruisong前身パナソニックのロボット技術、。
2007
テクノロジーインベストメントホールディングス社Ruisong、(株)は、日本の北斗北斗Ruisong広州汽車設備有限公司、自動車技術の研究とインテリジェント機器国内最大のメーカーの開発で合弁会社を設立しました。
2010
ドアのスポット溶接、塗装、ハンドリング、パレタイジングロボットシステムの最初のセットを提供する日立エレベーター層。
2011
中国の自動車産業のための最初のBIW柔軟ロボット自動化生産ライン(広州汽車三菱)を提供します。
2012
さらなる技術研究と技術革新と独立したブランドの構築、技術統合Ruisongの才能、ブランド、研究開発、製造、マーケティング、サービスおよびその他の品質のリソース、広州市科学技術有限公司Ruisong事業名の正式オープンを強化するために。
2013
Ruisong財団と協力して科学技術の応用インテリジェントRuisong技術研究所を作成し、パナソニック、ファナック、KUKAロボットと他の有名な国際ブランドを含む、強化R&D総合的、革新力、積極的に国際的なブランドとの協力の深さを展開します。
  • 4月28日

    に、ボッシュレックスロスのドイツハノーファー工業博覧会の展示会にて、ボッシュレックスロス中国と瑞松科技で盛大な工業4.0戦略協力協議締結儀式を行った。

  • 3月10日

    広州瑞松インテリジェントテクノロジー株式有限公司設立大会及び第一株主総会は行われた。広州瑞松科技有限公司正式広州瑞松インテリジェントテクノロジー株式有限公司変更した

    株主総会休会期間には、株式会社第一回取締役会監査役会は開催され全員一致で次のように採択した:孫志強任広州瑞松インテリジェントテクノロジー株式有限公司第一回取締役会代表取締役社長兼瑞松科技総裁を担当し、劉爾彬常務副総裁担当、顔雪涛副総裁担当、鄭徳倫取締役会秘書兼最高財務責任者担当、孫文淵監査役会主席担当する

  • 1月23日

    広州瑞松インテリジェントテクノロジー株式有限公司は、唯一ロボットとインテリジェント技術企業として、「2015年度広東産業競争力トップ100企業」に入選し、「2015年広東省製造業勲功企業」「広東省製造業調和労働関係模範企業」称号を受けた

    広州瑞松北斗自動車設備有限公司社長顔雪涛「広東省製造業勲功企業家」称号取得した

  • 1月16日

    広州瑞松インテリジェントテクノロジー株式有限公司社長兼総裁孫志強瑞松科技代表、広東省教育基金会教育基金10万元寄贈、貧困地区の教育条件改善に用いた。広東省教育基金会秘書長許懐昇は瑞松科技山岳地帯の学校を関心し、学生に寄贈する」横額を贈与した

  • 1月16日

    20年間で恩に感ずる·新しい力を集める——瑞松科技2016年新春晩餐会」広州シャングリラホテルで盛大に行われた。孫志強は20年間のつらい創業歴史を振り返り、瑞松科技が新しい力を集め、ロボット、インテリジェント技術事業の新しい局面を切り開くことを願った。

電話をクリアアクセス

ホットライン:020-66806288

E-mail:sales@risongtc.com

住所:広州開発区第67号イーストグランドアベニューDongpeng道

ビューカーライン